スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.274 新参者

午後、弥富からかわいい新参者が届く。
桜錦2歳、7匹。5~6センチ。

桜錦4209

元気はいいようです。
型もまあまあというところでしょうか。
欲を言えば色、もっとピンク勝ちのものが欲しかったが、ネットでは個体を択べないから・・・。

桜錦4208

近年、らんちゅうと江戸錦を交配し日本で作出された桜錦。
透明鱗に淡い桜色が特徴の愛らしい金魚だ。



庭のフジバカマやツワブキが咲きだした。

桜錦4212


桜錦4210

スポンサーサイト

NO.260 らんちゅう 2011秋

今日は昼から、金魚の世話に2時間強費やした。
10月2日現在の金魚たち。
らんちゅう25匹 宇野系らんちゅう13匹 りゅうきん・オランダなど10匹 長手オランダ4匹 
らんちゅうは系統ごとに松竹梅でランク付け。
計6個のFRP舟で飼育中。

☆松組8匹 10センチ前後
エラ病治療期間があったため成長が少し遅れた。

らんらん4211

バランスはいいが、思ったより頭が出ない・・・。
来年に楽しみを・・・。

らんらん4208

病後に、ひれの一部が黒くなったが徐々に消えてきた。

らんらん4209


らんらん4210


☆竹組7匹 11センチ前後 
病気もなく太みも増してきたが、尾に難あり。

らんらん4214

これぐらいだとまあまあかな?

らんらん4215

☆梅組10匹 12~13センチ 
オカメ頭のずんぐり系 尾に難あり
病気知らずに育ったが、最近急にえさの食いが悪くなった・・・。
水温変化に弱いのかな?


らんらん4213


らんらん4212

(10.3追記)
元気がないのは鰓病の初期と判断。
一匹は片えらが動いてない、4匹ほど体側にかすかな出血斑。
塩水浴治療を施す。


☆ミックス10匹
オーソドックスなりゅうきんやオランダ、ちゃきんなど。
更紗模様が楽しい。
元気!らんちゅうに比べればはるかに飼い易い。

らんらん4216


☆宇野系らんちゅう13匹 4センチ前後
通販で手に入れたときはガッカリ!
頭も尾も・・・難じゃこりゃ?
コロコロと水の中を転げまわっていたが、
最近やっとそれらしくなってきた?奴も・・・。

(10.10追記)
腹が立つ!宇野らんたちが隣の猫にやられた。
8日の水換えの後、猫よけの網ふたをするのを忘れていた。
帰ってみると、全滅。死骸がそこかしこに・・・。



らんらん4217


らんらん4218

その他、3年前に生まれた長手オランダ20センチ前後が4匹。
殆どほったらかしの中で生き残った強い奴ら。
長手は頭の出が遅いがこの大きさになると結構な迫力・・・。

後は定期水替えで健康管理に気をつけ、冬眠の準備に入る。
水温が下がり細菌も活性化するので、病気予防・健康一番で来年に備えるべし。


NO.259 ひなたぼっこ

水温が少し下がり、泳ぎがゆったり・・・、
餌の食いも悪くなったグループが出てきた。
日向ぼっこよろしく、ぷかぷかしてることが多い。

みのり4137

病気ではないようだ。
この程度の水温変化で?

こちらは育ち盛りで変わりなく元気に泳ぎ回り、食欲も旺盛だ。
期待していたよりも頭の出がよくない。

みのり4138

気長に、まずは健康的に・・・。

NO.241 元気回復!

いい仔たちやろ?
ところが、この兄弟たちもえら病にかかってしまった。

博多湾・伊崎4090

5%濃厚食塩水浴90秒(初めて試した時は、白くなって浮いて死ぬんじゃないかと思った!)の後、0.7%生理食塩水で養生後1日経過。
みんな元気を回復しつつある。

博多湾・伊崎4093

博多湾・伊崎4089

上の子は、わき腹に出血搬が見えていたが、胸鰭近くにかすかに残るだけでほぼ消えた。
両方ともバランスいい素赤やろ。

博多湾・伊崎4091

更紗のこの子が最初に発症し、エラは白いえらぶたを通し赤黒く見え、目も白く曇っていた。
塩水治療の時もピクリともせず相当重症かと思ったが、ほぼ完治。
ほんとにほっとした。
お目目もパッチリ、口紅さしてかわいかろ!

博多湾・伊崎4094

診療所で丸2日養生してから、明朝、様子を見てプラ船にもどす予定。

しかし、先に病気をした兄弟たちの育ちが遅れているので、それが心配・・・。


生き物を飼うのはいろいろと大変。
「忙しいのに手間のかかる趣味ばっかり!睡眠時間削って、気が知れん!」と、「寝るのが趣味」のおっかあが呆れる。

「あんたの趣味の邪魔はしないから。好きなんだからしょうがなかろうもん・・・。」




NO.325 重症化?いや、ぎっくり腰はなんとか、趣味の方がね・・・。

いや、ぎっくり腰は4回目だから、「初期の安静が基本」を胆に銘じ・・・。
今日は公休日だったので、安静を保っています。
なんとか重症化せずにいます。

早咲き彼岸花、二種目です。

新参らんちゅう4090

重症化しているのはこちら。
あたらしい系統のらんちゅう5匹をネットで迎えました。

新しいらんちゅう4089

本命1.バランスがいいです。
大事に育てます。

新しいらんちゅう4100


新しいらんちゅう4098


新しいらんちゅう4102

二番手。写真では見えないが、口の紅が可愛い。
いい子に育つような気がします。

新しいらんちゅう4094


新しいらんちゅう4095


新しいらんちゅう4096

3番手。
ちょっと落ちますが。フンタン(鼻先の肉瑠)の色が出ていれば見た目はいいでしょうが…。
なかなかのものです。

新しいらんちゅう4090


新しいらんちゅう4091


新しいらんちゅう4092

4番手は、フンタン。この若さでこの鼻先。それに腰の太さ。
成長を見守りましょう。

新しいらんちゅう4097


新しいらんちゅう4098


新しいらんちゅう4099

5番手は、スタンダードでとてもいいのだが、背中がちょっとね。上見はいいけど、肩のライインが・・・。

新しいらんちゅう4103


新しいらんちゅう4104


新しいらんちゅう4105

弟が単身赴任していた時に、表札の家族欄に「キンギョ、メダカ」って書いていたことがあるわ。
俺もかこうかな。

「らんちゅう 38匹 オランダ、リュウキン他 15匹 メダカ 50?匹」なんて・・・。

趣味っていうものは他人から見たら、
「そんなことにそんなに時間かけるかね、金かけるかね」ってもんですね。
(今までで一番高いのを買ってしまった!)

これからはエサ代だけ。
朝に夕べに、「おはよう」「ただ今、元気か」と声掛け、とにかく健康に育てること。
5,6年前はとにかく大きく育てたいと餌をやりすぎ、病気にして諦めた。
品評会に出すわけではないし、ゆっくり大事に永~~く付き合っていこう。
この子たちが寿命で亡くなるまで、6~7年間?、もう欲は張らず、養子は取りません。
ゆとりがあれば、新しい子供を産ませて育てることに本格的に挑戦したいのだが・・・。

…俺って、基本的にオタクで根暗だな・・・。

NO.321 らんちゅう えら病治療

 らんちゅう飼育には避けて通れない道?
3年前にもここで挫折してしまったえら病治療。
ベテランブリーダーの中には、あえてえら病にかからせて免疫力を高める方法を取る方もいるらしいから・・・。

群れから外れて、一人”寂しそう”にしてたら要注意。
かつて、ベテランさんの池を見せてもらったとき、こんなにも泳ぎ回るものかと思ったものだった。

 さて、らしい症状が現れた。
一匹は、群れから外れ静かに沈んでいる。片えらが開き気味。
早期発見対応が肝心!ということで、夕方スーパーへ塩を買いに・・・。

先ずは1リットルの水に、イソジンを4滴溶かし、5分間薬浴させる。
(かつては、薄めたパブロンのうがい薬を綿棒でえらに直接塗ったこともあるが、ネットで見かけたこの方法を取り入れてみることにした。)

残業終わって4092

 次に5~6%食塩水に入れて養生する。
この方法は王道のようだ。

残業終わって4094

一匹は明らかな症状があり他は?だが、兄弟なので予防的措置として、
今回はこの方法で試してみることにする。

残業終わって4093

 えら病は6月の梅雨時や9月に多いという。
雨水は入ったりして急激に温度が変化する、えさのやりすぎなどが主な原因と考えられている。

 雨水対策はバッチリなのだが・・・。
早く大きくしたくて、ちょっとエサをやりすぎたのかもしれない。

残業終わって4095

品評会に出すわけでもないから、
改めて、とにかく健康一番に徹することにしよう。
元気になってくれよ!

追記:8月22日。
今朝は元気いいかと思われたが、夕方、イマイチ。
方針転換・・・イソジンが怪しい?
寄生虫や細菌が切り離されていないかも・・・。
(試す価値はあると思うのだが、対象のらんちゅうが本命なので、試済みの安全パイで)

そこで、水産庁など公的機関も推奨する5%濃厚食塩浴に切り替えた。
①5%濃厚食塩水に90秒間入れる。
 鰓をパクパクさせ苦しみ、体は白くなり横になって浮く。
②90秒たったら新水へ移す。数分後に泳ぎだす。
③0.7%の食塩水(生理食塩水)に移す。
 一日経過を見てまた検討することにしよう。

・8月24日、プラ船にもどす。
あまり元気ない。その後も、群れに入れず、そこに沈んでおり心配!
・8月28日、やっと元気に群れに加わり泳ぎだす。
一安心!

NO.318 やっぱり再発!

 休み中に窯焚きを、と考えていたが、
それも何だかで・・・挫折。
休みは休もうっと!

 暇があると病気が頭をもたげてしまった。
今度はしっかり飼育記録を残して、健康に長く飼いこんでみよう。

ということで、昨日某所より養子に迎えた。
この素赤の3匹。
素直な体型で期待できるかも・・・。
現在7~8cm。

らん 飼育14088

背なりもきれい。

らん 飼育14090

尾に赤が欲しかったが・・・。

らん 飼育14091

一緒に来た7匹。
系統は不明。6センチ。

らん 飼育14092

この内、3匹がちょい気に入り?

らん 飼育14093

らん 飼育14094

らん 飼育14095

こちらは、宇野系。2センチ。
ネットで仕入れたが、ちと、ガッカリ。
とにかく健康に育ててみよう。

らん 飼育14097

らん 飼育14096


6月に近所の金魚屋から連れてきた
10匹衆のうち4匹。
10センチ超に成長。

らん 飼育14098

らん 飼育14099


らん 飼育14100


らん 飼育14101

これは系統不明。
肉瘤がぷっくらしたのが好きなのだが、これはぶつぶつって感じで、
鰓蓋にもイボのように載ってきている。


らんちゅうは、「作る」というが、
うちのはみんな、「豚金」になる傾向のようだ(笑)
少しずつ勉強して工夫してやって見よう。
とにかく健康に育てることを第一に。


部位

部位2

NO.317 病気再発?

 ここ二夏は小康状態だったのだが・・・

金魚4090


金魚4091


金魚4092

 どうも、再発しそうです。
数年飼育していたらんちゅうが全滅してから他の金魚で細々とやっていたが、
やっぱりランチュウ!と、当歳魚を養子に迎えてから・・・!


ゆっくり、可愛がりたいのだが、
今日からの盆休みも出勤せねば。

仲間たちがいないうちに、窯焚きが。
今日は素焼き、中一日おいて2日間で釉薬をかけて窯詰め。
そして一日かけて本焼き。

5日の休みのうち4日は出る計算。
ま、仲間たちがいないのでお気楽なもので能率も上がりますが・・・。

フレックスタイムで、涼しい時間帯にやるとするか。


FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。