スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

263) 定食

buru1910.jpg

 四女が、メールをくれる。
「今日は二人きりだから、外で食べよう」
・・・甘いんだなあ。
「いいよ」
「定食が食べたい」
「いいよ」
・・・
なぜだか、定食だ。
 
 私は外食は好きじゃない。
・・・待つのがいやなのだ。

スポンサーサイト

262) 当たり前と言えば当たり前だった・・・。

buru1926.jpg


 この季節に落葉か・・・。
楠木の下に停めた車にはいつも葉っぱが降っている。
当たり前と言えば当たり前であった。
いわゆる落葉樹だけが葉っぱを落とすわけではない。広葉樹、照葉樹は、裸にならないだけのこと。
新しい葉っぱが芽吹く頃には古い葉っぱが落ちる。その古さは一年であったり二年であったり・・・樹種によって違う。
 カメラを持って歩くと、こんな当たり前のことにも気がついた。

 ユズリハの由来は「譲り葉」。
彼らは一年で、次の新しい葉っぱにすべてを譲る。そして黒く枯れて落ちていく。

新旧交代、世代交代は元気の素なのだろう。
自然も社会も・・・。


buru1924.jpg

261) 花は白 

buru1934.jpg

千利休が、「花は白」と言ったらしい。定かではないが・・・。
私の好みも、白い花。

バラはあまり好きではないが、この咲きかけの淡いピンクは気に入った。

buru1932.jpg

260) 生命力

buru1922.jpg

ナツヅタの生命力は旺盛。
イチョウの木を巻き込み、壁でも塀でも飲み込んでいく。
には、涼しさを運んで来てくれます。

buru1940.jpg

259) 目に青葉 

buru1937.jpg

若々しい青葉が目に優しい季節です。
そこら辺にある何とも無いイチョウの若葉ですが・・・。
ただそれだけで、気持ちがよくなります。

buru1935.jpg

ただ撮った写真を貼り付けるだけですが、そのうち・・・、なんて!

 

258) 見ごろ 

buru1923.jpg

ハナミズキ 今が見ごろと 咲きにけり

お寺の本堂入り口に咲いています。
優しいピンクが何ともいえません。
静かな感じに仕上げてみましたが・・・。

buru1928.jpg

257) 困った・・・。

buru1903.jpg

自宅のパソコンがおかしい。
このブログの管理画面にどうやっても入れなくなった。どこをどうしたものやら・・・。
そこで、もう一つのブログの管理画面に下書きをして、職場のパソコンでコピーしてこちらに貼り付けるようにした。
 パソコン、便利だが分からなくなるとお手上げで・・・。
やっぱり俺には近代兵器は使いこなせない。

buru1902.jpg

256) こちらも・・・

田舎 011

こちらも楽しみがなくなるんじゃないかと気になっていましたが・・・、
新しく再スタートのようで、良かったです。
被写界深度の魔術師  f3.5さんの「The truth of f3.5
また、バージョンアップか?楽しみです

田舎 013

 私のように、へたくそで方向も何もわからないものでも、迷ったりしますから、
名人級の人たちの迷いや悩みは深いのでしょうね。
どうぞ、「マイペースでお楽しみください」と、余計なことかもしれませんが・・・。

255) お帰りなさい。

田舎 054

帰って来られたようです。光と影の魔術師さん。
勝手に心配していましたが・・・。事故や病気ではなく、充電していたようです。
私もこんな写真が撮りたいです。
私には、今から物語が始まるような「静けさ」が感じられるんです。
色々難しいことは分かりませんが、その「何かの始まり」感が好きなのです。

最初に見たときの衝撃(ちょっと大げさ?)と変わらぬ新鮮さ。
また、段々テンションが上がってきました。
はるかに及びもつきませんがが、カメラとレンズの違いかな?とか、言い訳しないで、真似しながら試行錯誤してみたいと思います。・・・ムリでしょうけど(笑)
毎日見に行くだけで楽しみです。

buru1893.jpg

254)  昼下がり

田舎 056

 たちがエサを反芻する音が、静かな舎にこもる・・・、そんな昼下がりです。

田舎 050

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。