スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

98) 納屋をのぞく。

721田舎0304


721田舎0301

近郊の農家で、「すみません写真を撮らせてください」とお願いをする。
台所仕事をしていたおばあさんが、けげんそうに顔を出す。
大体こんなシーンでは同じ言葉が返ってくる。
「こんな汚いものを写真に撮るとかね・・・」

いや、私にとっては美しいのである。
暮らしの匂いがして、働き者たちの物語がある。

きちんと伏せた一輪者や並べたゴム長が、
明日の営みを想像させてくれる。

・・・みんな生きて働いているんだ。



コメント

優しさ

屋根の形状から見て昔は、茅葺きだったのでしょうか?
最近は見なくなりましたね。

写真で家主さんの生き方も、見え隠れします。

「目に付かないところに光を当てる」そんな友さんは優しいな(鬼瓦とは思えない!)と思うとです。

そう、藁葺きでしょう。
吹き替えが大変だから、みなトタンをかぶせるようになりました。
ここの家の人たちはきちんとした性格なのかも・・・(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tomosangenki.blog17.fc2.com/tb.php/106-aec395d2

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。