スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

260) 椎原の紅葉 Ⅴ

紅葉 16


紅葉 17


紅葉 13

講演は無事終了。
思いの外好評でした。・・・と思います。
のって話せた。1時間半、あっという間。
どういう感想が返ってくるか楽しみ。

障害者作業所つくりと運営、「障害者自立支援法」と「障害者の権利条約」・・・。
そこにある障害観と人間観、生命観などについて日ごろの思いを話した。

「特別支援学校の先生達に何を望むか?」が要請された演題だったが、
現場の日常をよく知らないのに、そんな先生たちの前で具体的に言えるわけではない。

ただ、
「何ができるか」ということに余りこだわるべきではない。
我々だってできないことのほうが多い。
人と関わる力、人に助けてもらおうとする力について考えて欲しい。
人はみなつながり人の力を借りて生きている。
人の力を借りることができるということが、一番大切な生きる力じゃないだろうか。
・・・そんなことを話した。

ついついその人、子どもの障害を見る。
その前に生きている一人の人間であり、その人の中に障害が部分としてある。
生きてそこにいる子どもを先ず丸ごと見ることが大事じゃないか。
自分に言い聞かせつつ・・・。


自分で深めなければならない課題も明らかになった。
勉強しなおさねば・・・!

今日は解放されて一息入れたいが・・・我慢。



コメント

紅葉と蒼い葉のコントラストが美しいです^^

虫に喰われてしまった葉も皆、
光合成をして樹の成長を助けているのですね^^
とても眩しく映ります♪
友さんの講演で、子供達の明るい未来が築けたらと^^
一人また一人とみんなが話始めれば。。きっと^^

奏さんへ。

ありがとうございます。
1枚目は結構気に入ってるんです。
緑の葉が木漏れ日に映えて・・・。

今見たら、構図の工夫ができたはずだと思いますが。
やっぱりゆっくりとよく見ていろんな構図で撮ってみないといけませんね。

講演のほう、ひとつ荷物が降りました。
一息です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tomosangenki.blog17.fc2.com/tb.php/303-4ef24071

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。